ジェルネイル技能検定を自校で受験できる

ネイリストになりたくて、その勉強や資格取得のためにネイルスクールに通うのであれば、「JNA認定校」を選択しなければいけません。
JNAというのは、NPO法人日本ネイリスト協会の略称で、この協会の認定を受けたネイルスクールであるか否かが、ネイリストになるための過程に大きな影響を与えることになるのです。

JNA認定校でネイルについて学ぶと、その先にジェルネイル技能検定試験を自校で受験できるというメリットが待っています。
ジェルネイルはネイルサロンの定番の施術で、サロンにあるメニューの半分以上がジェルネイルというほどのニーズを誇っています。
つまり、ネイリストにとってジェルネイル技能検定に合格していないというのは、有り得ないことと言っても過言ではありません。

そのジェルネイル技能検定試験を、普段通っているスクールで受けられることは、受験生にとって非常に大きなメリットとなるでしょう。
他の会場へと足を運ぶ必要がなく、慣れ親しんだ場所で試験を受けることができるからです。
また、JNA認定校の中でも「JNA本部認定校」を選択すれば、普段顔を合わせている講師が試験官となり、その下で受験できるため、精神的にもリラックスした状態で試験に臨むことができるというメリットもあります。

JNA認定講師の受験資格が手に入る

JNA認定校でネイルを学ぶことには、まだまだメリットがたくさんもあります。
特に、プロのネイリストだけではなく、さらにその先を目指す人にとっては、やはりJNAから認定されたネイルスクールに通う意義が出てくるでしょう。

ネイル関連の資格に「JNA認定講師」があります。
ネイルを世の中にさらに広めるとともに、後進のネイリストの育成にも携わることを任されることになる資格ですが、これを取得するためにはJNA認定校を卒業している必要があるのです。
JNA認定のネイルスクールのカリキュラムを修了していることが、JNA認定講師の受験資格を得るための必須条件であることが定められています。
どんなに技術や知識を持っていたとしても、JNAが認定していないネイルスクールや独学で学んだ人は受験資格を手に入れることすらできません。

そこまで突き詰めるつもりはない、そう思っている人もいるかもしれませんが、ネイルスクールに通いネイルの楽しさを再認識すれば、より高みを目指したくなる気持ちが湧き出てくる可能性は否定できないでしょう。
その時のことを考えれば、今の段階ではJNA認定講師というものに興味を持てなくても、いつ興味が出てきてもいいように最初からJNA認定校を選択しておくことは無駄にはならないはずです。

ネイルサロン衛生管理士の受験資格が手に入る

JNA認定講師と同様に、ネイルに関する資格の中でも非常に重要な位置付けとされているのが「ネイルサロン衛生管理士」です。
ネイルを安全かつ安心して利用できるよう設けられた資格制度なのですが、すでに6万人以上がこの資格を取得しており、ネイリストにとって取得するのが当たり前の資格となりつつあります。

ネイルサロン衛生管理士の受験資格は、「18歳以上であること」と定められており、特に実務経験等も必要としていません。
ただ、JNA認定校で実施される講習を受けている必要があるのです。

この講習自体はさほど時間もかからず、また、難しいものでもないのですが、講習や試験の開催場所がJNA認定校であることを考えれば、やはりJNA認定校でネイルについて学んでおく方が有利であると考えられます。

行きたいネイルスクールを比較して決める重要性

前項で説明した資格の有無についてもそうですが、
ネイルスクールには各校ごとに特色がありますので、通う前にランキングサイトで比較して、予算や方向性に合った学校を選ぶ事が大事です。

ネイルはスクールの学費だけでなく研修費や材料費、資格取得費用など勉強にお金がかかりますから、後悔しない選択をしたいところですね。